不動産一括サイトを利用して売却しました

両親が亡くなり実家の家をどうすべきか悩む

両親が亡くなり実家の家をどうすべきか悩む残した場合と売却した場合のメリットとデメリット不動産一括査定サイトを利用し売却

数年前に父が亡くなってからは実家は母親が一人で暮らしていました。
私は結婚をして子供もいたのではやくからマイホームを購入しており、万が一、母親が亡くなった後は「この実家をどうするのか」ということについて度々、母と話をしていました。
母には「実家は残してほしい」という希望がありましたが、私と夫は「不要なお家を残しておくことは維持費もかかるから無理だ」という考えがありました。
双方の意見の食い違いはあったものの、母が生きている間はとくに何かをするということはありませんでした。
それからしばらくして母が病に伏せることとなりました。
病名は父と同じ大腸がんであり、長く生きられても数年ということでした。
残された時間を母は懸命に生きていたのですが、頑張りもむなしく癌を発症してから5年後にはあの世に旅立ってしまいました。
しばらくは、いろいろな手続きなどで忙しかったのですが、そういうことがひと段落すると問題になってきたのが「実家」のことです。
築25年以上たった物件だったので、若し、手放すとしても「売却できるのだろうか?」という不安要素もありました。
実家は、私たちが住んでいる家からは車で5分ぐらいのところにあります。
実家を手放さないことのメリットは、夫に万が一の事態があった際に亡くなってしまえば、住宅を購入する際に加入した団体保険によって家のローンはなくなるので、私と子供たちは私のパートの収入と遺族年金でどうにか生活することはできそうですが、病気などによって働けなくなったときには、住宅ローンが重くのしかかってくることになります。